歯周病予防は専用の歯みがき、うがい、歯間ブラシ

歯周病予防は専用の歯みがき、うがい、歯間ブラシ

歯周病予防は専用の歯みがき、うがい、歯間ブラシ

わたしは歯周病の予防の為に歯みがき以外に歯間ブラシを使って清掃しています。

 

それでも取りきれないのか歯石がついてしまいます。

 

歯石がついたままにしておくと今度は歯茎が腫れだしあわてて歯医者さんに行くと軽い歯周病との事。

 

歯槽のうろうの軽いのかな〜と言われた事があります。

 

歯槽のうろうというと最終的には歯が抜けてしまうというイメージが自分の中であるので恐ろしいです。

 

結局、歯槽のうろうの治療の為、レントゲンをとってもらい、悪い歯を特定して歯周ポケットの汚れをとってもらい、歯石をとるという長期的な治療になりました。

 

歯石ポケットに汚れが入ってしまうと自己流ではなかなか掃除できないと歯医者さんに言われました。

 

そうならない為にも定期的に歯医者さんで点検してもらうのが大事だなと思いました。

 

今でも時々歯茎が腫れたりする事があるので歯周病予防の歯みがきに変えました。

 

これは大変オススメです。

 

歯周用予防のはみがきはちょっと高いのですが歯みがき後、すっきりした感じがします。

 

あと自己でできる予防方法として平日は会社勤めしているので昼食後は歯みがきする習慣がありませんのでうがいをするようにしています。

 

ちょっとした事ですが以前より歯茎が腫れる事も少なくなりました。

 

歯医者さんですすめられたので歯間糸ようじがありますがこれも試してみましたが歯茎に糸が入っていきそうでちょっと私には使いにくいです。

 

どちらかといえば歯間ブラシの方がいいです。

 

歯間ブラシもいろいろ売っていますがゴム製品のはちゃんと汚れがとれているのかと半信半疑ですがブラシ部分が金属?になっているのは使ったあとすっきりします。

 

個人差がありますし、あくまでも私自身の経験談です。

 

歳を重ねても歯がなくならないように今のうちから歯の健康にも気をつかっていかなければならないと思っています。

 

(東京都 ゆかぴょんさん)

 

歯周病市販薬

 

 

 





ホーム RSS購読 サイトマップ