葬儀 服装

年齢別お葬式の服装

年齢別お葬式の服装

子供の場合は、制服があれば冠婚葬祭に使えるのでとても便利なのですが、制服がなかったり、トレーナーなどカジュアルすぎる制服の場合はちょっと困ります。

 

入学式やピアノの発表会などにでる機会があるのなら、男の子は黒いスーツを選んでおくと便利です。女の子もお出かけ用のワンピースを買う時に、シンプルな黒いものを一つ選んでおくと、いざという時に使えます。

 

制服でお葬式に出られないと分かっている場合は、普段からそういった心がけが大事だと思います。

 

高校生ぐらいになってくると、女子はそんなに身長も伸びないので、制服がない場合は喪服を買っても長く使えると思います。

 

高校生の男の子の場合は、中学校の制服を残しておくことでしばらくは対応可能ですが、まだまだ身長も伸びるので、レンタルの喪服で対応するのが無難かもしれません。

 

男の子は大学の入学式や就活に黒いスーツを選べば、喪服の代用になります。

 

女の子は黒のスーツで代用するよりも、ちゃんとした喪服を買ってしまった方がいいと思います。

 

社会人になって、自分で喪服ぐらい用意しておきなさいと言っても、もったいなくて自分では買わない人がほとんどです。

 

親が大学時代、遅くとも就職時にはちゃんとした喪服や靴、バッグなどの一式を揃えてあげると、社会人になって会社関係のお葬式に行くことになった時に、恥をかくこともなく、周りの心証もよくなると思います。

 

(京都府京都市 ゆうちゃんさん)

 

 

 





ホーム RSS購読 サイトマップ