葬儀 服装

お葬式の服装に関する注意点

お葬式の服装に関する注意点

派手な服装はNGです。

 

ピアス、ネックレス、髪留め等、明るい色や派手なもの目立つ飾りは印象を悪くします。

 

マニキュアも派手な色は使わないよう配慮は必要です。

 

基本は黒。一般的には真珠のネックレス、イヤリングピアスが主流です。

 

わざわざ買わなくても、胸元がさみしい場合はシルバー等の控えめで飾りが派手でないものを選んでつけていくといいと思います。ゴールドはあまりみかけません。

 

女性の喪服の場合、デザインがスカートの時、ストッキングは季節を問わず黒が基本です。

 

一般市販されているものは、スカートの長さもひざ下が基本になっています。

 

礼服でなくても、黒の服を着ていく場合は、ひざがでるほどのスカートはまずはかないですね。

 

肌の露出も控えるのが常識だと思います。

 

男性に関しては、白ワイシャツに黒ネクタイ。

 

礼服のジャケットは夏でも着用して葬儀に出席するのが基本だ思います。

 

夏用の生地で薄い礼服もあるので暑がりな方は薄い生地の礼服を買われるといいかと思います。

 

小さいお子さんに関しては、なるべく暗い色の私服を着させて出席させています。子どもの場合、小学生まではある程度、色を考えれば普段着ている服で大丈夫だと思います。

 

身内の葬儀の場合は、時間もかかるのでかしこまった服装でいるとじっとしていないお子さんの場合は疲れてしまいますから。

 

学生の場合は学校指定の制服でOKですね。

 

ただ、一般女性と同じようにスカートの場合は、ひざが出ないように少しおろしてはかせるべきでしょう。

 

(栃木県日光市 ぷぅさん)

 

 





ホーム RSS購読 サイトマップ